乃木坂46

【乃木坂46】卒業発表をした白石麻衣(まいやん)のこれまでの経歴

 

乃木坂46の絶対的エース、白石麻衣が突然、卒業発表をしました。そこで、今回は白石麻衣の経歴について紹介します。

 

白石麻衣プロフィール

  引用:乃木坂46公式サイト

  • 本名:白石麻衣(しらいし まい)
  • ニックネーム:まいやん
  • 生年月日:1992年8月20日(27歳)
  • 血液型:A型
  • 星座:しし座
  • 身長:162cm
  • 出身地:群馬県
  • スリーサイズ:B=81cm、W=59cm、H=84cm
  • 所属事務所:乃木坂46合同会社
  • 特技:ソフトボール・料理・モノマネ(千と千尋のカエル)

 

白石麻衣の小学時代

 

乃木坂46の絶対的エース、白石麻衣は、1992年8月20日、群馬県で生まれた。

幼稚園児の頃、将来の夢はケーキ屋をめざしていたそうです。

けれど、小学6年生の時、ファッションに対する興味からスタイリスト、モデルを夢見るようになったそうです。

小学校の時は色々な将来の夢があったそうです。

 

白石麻衣の中学時代

 

そして中学1年生の時、モデルを通じて音楽が好きになって、吹奏楽部へ入部しています。

その後、ソフトボール部に転部した。

中学1年生の時から代走、中学2年生の時からレギュラーとして出場した。

とても運動神経がよかったので、ソフトボール部でとても活躍していたそうです。

白石麻衣の高校時代

 

群馬県の中学校に在学中、学校でいじめを受けていたため、不登校になり、卒業後は母親と共に埼玉県へ引越し同県の女子高等学校へ進学していている。

高校2年生の時まで保育士を目指していたそうです。

保育関係の選択授業や検定試験を受けていたが、高校3年生の時に進路相談で音楽の専門学校を知り、夏休みに体験授業を受けたことがきっかけで音楽の専門学校へ進学しています。

 

両親からは短期大学を勧められたが音楽の道で頑張ることを約束し説得したので、専門学生時代は歌のレッスン、リスニング、音楽理論、ゴスペルなどを学び、SPEEDさんやPerfumeさんのような小規模のダンスボーカルユニットを目標に勉強していた。

けれど、担任講師から勧められ、乃木坂46の1期生オーディションを受験した。

 

白石麻衣の乃木坂46時代

 

2011年

2011年では、乃木坂46の1期生オーディションに合格した。

オーディションでは西野カナさんの「このままで」を歌った。

暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は中列。

理由は、ダンス経験がなかったためだ。

 

乃木坂46の連日朝晩続くダンス練習に苦闘し、歌手とは違うものになってしまいそうで、想像していたのとは違うところへ来てしまったのではないかと考えた。

けれど、乃木坂46のメンバーと話し合い、両親との約束を思い出した結果、この活動に前向きに取り組むことを決めた。

 

2012年

2012年では、2月に乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューした。

同じ年の5月、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「偶然を言い訳にして」で初のユニットを務める。

同じ年の11月、『GirlsAward 2012 AUTUMN/WINTER』で西野七瀬と共にモデルデビューした。

 

2013年

2013年では、1月、『CDTVスペシャル! 年越しプレミアライブ2012→2013』に乃木坂46として出演し、「制服のマネキン」で初のセンターを披露した。

1月、『うまズキッ!』(フジテレビ)でバラエティ番組にMCとして初の単独レギュラー出演を開始した。

2013年で白石麻衣は20歳である。なので、乃木神社で成人式を迎えた。

 

3月、ファッション誌『Ray』の専属モデルに起用され、乃木坂46で初のファッション誌専属モデルとなった。

6月、2009年の秋華賞を制したレッドディザイアの全弟に「キミノナハセンター」と命名された。

7月、乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」で1stシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」までセンターを務めた、生駒里奈に代わってセンターを務めた。

 

それまでは生駒里奈についていくことのみを意識していたが「ガールズルール」でセンターを務めたことによって出演番組で応対を任せられるようになった。

そして、グループ全体を意識するようになったきた。

11月、『Samantha Tiara 2013 クリスマス ジュエリー』のCMに出演し、サマンサタバサのイメージモデルとして「サマンサミューズ」に就任した。

11月、『Ray』で初の単独表紙を務めた。

 

2014年

2014年では、6月、『16人のプリンシパル trois』で主要十役を制覇した。

12月、初のソロ写真集『清純な大人』を発売した。

写真集は週間推定売上3万1807部を記録し、2014年12月22日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門で7位を獲得、初版発行部数は10万部を突破した。

 

2015年

2015年では、1月、1stフォトブック『MAI STYLE』を発売した。

写真集は週間推定売上1万9004部を記録し、2015年2月2日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門で4位を獲得した。

 

2016年

2016年では、8月、『Ray』の2016年10月号から3号連続でカバーガールを務めた。

9月、HUSTLE PRESSの「ダンスが上手いと思うアイドルランキング」で57位を獲得した

12月、2ndソロ写真集のTwitterを開設した。

 

2017年

2017年では、2月、2ndソロ写真集『パスポート』(講談社)を発売した。

タイトルは「いろんなお仕事に挑戦していけたら」という思いを込めて、秋元康が提案し、白石麻衣が決定した。

帯には「白石麻衣は、もう、どこへでも行ける。

写真集を眺めながら、ふとそんなことを思った」という秋元康のコメントが添えられた。

写真集は週間推定売上10万3520部を記録し、2017年2月20日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門、写真集部門で1位を獲得、女性ソロ写真集としては初めて週間10万部を突破し、歴代最高記録を達成した。

 

2017年上半期オリコン“本”ランキング写真集部門で1位。

翌年になっても増刷が続き、11月には通算22度目の重版が行われ、累計発行部数は33万部を突破した。

とても人気な写真集となった。

 

2018年

2018年では、3月、20thシングル「シンクロニシティ」で「ガールズルール」以来約4年9か月ぶりの単独センターを務めることが発表された。

3月、発売の『Ray』5月号をもって同雑誌専属モデルを卒業した。

3月、東京ドームで行われたプロ野球の開幕戦(読売ジャイアンツ対阪神タイガース)で試合前に桜井玲香・西野七瀬・生田絵梨花・久保史緒里・山下美月とともに国歌斉唱を行った。

5月、放送の『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』「フォロワー」(フジテレビ)で、ドラマ単独初主演した。

5月、発売の『LARME』034号をもって2012年の創刊号より約6年間務めてきた同誌レギュラーモデルを卒業。

 

6月、「キリン 氷結®のプロモーションのため」にInstagramのアカウントを期間限定で開設。

7月に発表された「2018年 上半期 TV-CM 会社数ランキング」(エム・データ)において女性タレント部門1位(起用15社)となった。

11月、『日経トレンディ』が選ぶ「2018年 今年の顔」に選出された。

12月、「2018年TV-CM会社数ランキング(女性)」(エム・データ)で女性タレント部門1位(起用20社)となった。

 

2019年

2019年では、11月、第1回野間出版文化賞特別賞を受賞した。

 

2020年

そして2020年1月7日に卒業発表をした。

まとめ:白石麻衣さん卒業おめでとう

 

これらが白石麻衣の経歴です。後少しの間、乃木坂、46のメンバーとして活動されるのでみなさん最後まで応援しましょう!

 

【乃木坂46】白石麻衣(まいやん)卒業!リーク情報流出と反応! 白石麻衣さんの卒業発表がされました。 2020年の1月7日の1時ごろからにTwitterにて 乃木坂46の白石麻衣さ...
【乃木坂46】白石麻衣年収は?卒業しても安心の驚愕の給料! 2020年に乃木坂46を卒業する白石麻衣。 超多忙でアイドル以外にも多くの仕事をこなしていました。 そんな、白石麻衣...

 

こちらの記事もおすすめ