マニュキュアの特徴

マニュキュアを剥がす方法について

マニュキュアは、化粧のひとつで、手の爪を塗装することまたは、その塗装するために用いる塗料を指す言葉です。
マニュキュアは主に手の指の爪のことで足の爪の場合にはペディキュアと呼ばれます。
また爪そのものに行う装飾全般はネイルアートとも呼ばれます。
マニュキュアに使われる塗料は、一般に使われる工業用塗料とほとんど変わらないものが使われており、それらを筆で塗ることになります。
工業用塗料と変わらないため塗膜は丈夫であり簡単に剥がすことはできません。
一般的にマニュキュアを剥がす方法としては、除光液を用いて塗膜を溶かしてからふき取る方法が使われます。
しかし、塗るのと異なり溶かすという性質上、除光液を使いすぎると爪を脆くさせる可能性があります。
このため爪の健康状態を見て行う必要があります。
なお、爪は伸び続けているため無理に剥がさなくても、手の爪であれば6ヶ月程度、足の爪であれば1年程度で生え変わることになります。

マニュキュアを剥がす際の注意点

家庭で手軽に楽しむことができるマニュキュアでのセルフネイル。
サロンに通う手間や費用がかからないのが大きなメリットです。
ネイルを施した爪を元通りにリセットするためには除光液を使用します。
マニュキュアと同じコーナーで販売されていますので予め一緒に購入しておくと良いでしょう。
除光液はラメもしっかり落とせるタイプや、爪のケアも同時にできる成分が配合されているものなど、種類だけでなく価格のさまざまですから、自分にあったものを選べます。
マニュキュアはトップコートをしっかり塗っていても生活の中で部分的に剥がれてしまいがちですが、この欠けてしまった部分から爪で引っ掻いて強制的に剥がすのは絶対にやめましょう。
爪にしっかり密着しているマニュキュアを無理に引っ張るため、爪の表皮が剥がれたり傷ついてしまいます。
除光液を使用する際も、何度も爪の上を往復させたり強い力を加えないように注意します。
除光液を染み込ませたコットンで爪全体を覆い、10秒ほど指で圧迫したあと爪先に向かって滑らすとスムーズに落とすことができます。

Copyright 2015 マニュキュアを知る All Rights Reserved.